カテゴリ:トラベル( 55 )

夏休みヽ(*^∇^*)ノ その1

旅先から更新出来るかと思っていたら、全然できませんでした(汗)。

出雲空港に到着。レンタカーを借りて、目的地へ。
朝ご飯を食べる暇がなかったので、お参り前に腹ごしらえ。
ちゃんとジャケット着たマスター。名物の割子そばと釜上げそばを食べました。
c0197663_2119544.jpg


出雲空港で分かりますよね笑。
c0197663_2194215.jpg

石、木、鉄、銅と素材の違う4つの鳥居を通過するごとに一礼し、「参道の真ん中は神様の通り道だから端を歩くんだよ」という茶人先輩の教えを守り(みなさん端を歩いていました)
c0197663_22511130.jpg

ジャン!
c0197663_20585663.jpg

行ってきました、出雲大社
圧巻です。あまりの姿に心がふるふるしてしまいます。
この1ヶ月。ずっと日本書紀や古事記、それに関する物を読んできました。ここにはあの大国主命が御祀りされています。2礼4拍手1礼で参拝。なんだか感謝の気持ちでいっぱいになります。

こちらは全国の八百万の神が出雲に集まる神在月(出雲以外では神無月=10月)に八百万の神々がお泊りになる宿、十九社。
c0197663_2244620.jpg


有名な出雲の国譲りのお話しは長くなるので書きませんが、この注連縄の太さ。テレビや写真などでは見た事がありますが、実際に見るとその巨大さに驚きます。
注連縄は結界の役割を果たすので、ここに鎮まっている大国主命が、ここから出られないようにするためには、これだけの大きさの物が必要なんだろうか、などと思ったり。

c0197663_21503670.jpg

こちらは神楽殿の注連縄。人と比べるとその大きさが分かりますよね。

ご存知かと思いますが、今年、出雲大社は60年ぶりの大遷宮が行われ、私達が詣でた時には既に瑞々しいお姿になっておられました。次の遷宮の時にはもう私達はこの世にいないと思うと、生まれ変わった瞬間に立ち会えて嬉しいです。

出雲大社は見所がありすぎてここではもう書ききれません。
古代出雲歴史博物館は必見です。神話なのか実話なのか。実際の出土品を見ながら思いを巡らすと何時間も過ぎてしまって、ヘトヘトになります。

これは2000年に発見された3本組の柱から、当時の技術では不可能とされてきた本殿が現在の倍の高さの48メートルあったという説が証明された模型。
c0197663_2224291.jpg

なんかもう興奮してヘトヘトです。
2人して深いため息をつきながら出雲大社を後に。

大国主命、ありがとうございました。

お次は車に戻り、鉄っちゃんのマスターが行きたがっていた、平成2年に廃駅となった旧大社駅へ。
by cvdois | 2013-07-05 23:59 | トラベル

夏休みヽ(*^∇^*)ノ その2

c0197663_2254479.jpg

大社駅素敵すぎる〜!!
道路を左へ曲がると目の前に現れるこの駅舎。
目に入った途端、「おぉぉぉぉ!」と感嘆の声を上げてしまいました。
なんて素敵な佇まい。鉄ちゃんのマスターでなくともしびれます♡

あら。そこでかっこつけてるおじさんはどなた?
分かるよ、その気持ち。そんな風にしたくなるよね、ここ笑
c0197663_22555990.jpg


活気に満ちていたであろう当時に思いを馳せ、胸いっぱいになってまたもや深いため息。

お次はこちら。自然に囲まれた出西窯でーす。
c0197663_230304.jpg

私達うっかり一冊もガイドブックを買わず、古事記の1300年前の情報しかなかったので(笑)、メモだけしてきて、名称を入れれば連れていってくれるナビに大感謝。
こちらでは都内の催事などでも見た事のない豊富な種類の器に興奮でがす(*゚∀゚)=3フガーッ。
私が時間がかかるもので、マスターは喫茶コーナーでコーヒータイム。
セルフサービス&無料で、出西窯の器の好きなのでお茶をする事ができます。
c0197663_2321231.jpg

こうして実際使ってみると欲しくなってしまう…☆

あんまりゆっくりもしていられないので、休憩もそこそこに今夜の宿泊施設までレッツラゴーです。
住所をいれ、ナビに言われるままに進むと、気になる看板が。
「この先すれ違い困難」あ?目の錯覚?気にせず進むと、そのうちとんでもない道にσ(oдolll) 。
県道162号線。
c0197663_2324359.jpg

これはスサノオに試されいるんだよと前向きに捉える私達。
YouTubeに上がっていたので(ブログにはうまく貼れませんでした)、この狭小道路、見てください。
もーここにガードレールなしってマジか!ってところの山側には側溝があったりして、側溝はまったら圏外でどないすんねーんっていう、いやー本当に生きた心地がしなかったですよ、この道(涙)。私は怖くて運転できない。マスターと一緒でえがったー。
おかげで予定よりも30分近く遅れてしまった私達。
宿の人に「もしかして山越えされましたか?」と聞かれ、「生きた心地しませんでしたハァハァ」「あの道は地元の人も通りませんよ」「えぇぇ」「とんだ肝試しでしたね」

しかしヘロヘロになって辿り着いたこの立久恵峡の御所覧場。絶景でした!部屋からの眺め。どの部屋からもこの眺めが望めます。
c0197663_23585220.jpg

夜はライトアップされ、それはそれは幻想的。水墨画の世界です。
宿も鄙びていますが清潔で、ご飯も山の幸中心の素朴な料理。露天風呂もオフシーズンだからか無料で貸し切れ、宿の人もみな親切でとても感じが良かったです。

初日なのに、既に3日分くらいのパワーを使ってしまった私達。ご飯を食べてお風呂に入ったらスイッチオフ。一瞬で爆睡してしまいました。
by cvdois | 2013-07-05 23:50 | トラベル

夏休みヽ(*^∇^*)ノ その3

2日目の朝は6時半起床!ぴかーっと目が覚めました。
朝ご飯を食べ、近くの須佐神社に向かいます。
御所覧場にしたのは須佐神社に近いということもありました。
某有名人の方がここは日本で1番のパワースポットだと言われ、人気の場所でもあります。
でもまだ朝早いので、ほとんど人影はありません。
c0197663_0211327.jpg

ここには須佐之男命が祀られています。
本殿の裏の杉の木にもお参り。
この本殿に須佐之男命がいらっしゃいます。
c0197663_0214180.jpg

記紀で読んできたスサノオの伝承と、今いる場所と、思いを巡らすとまたもや胸がいっぱい。
いつも胸がいっぱいですいません笑。
 
向いには天照社がありました。そちらにも参拝し、次は高谷さんに勧められていた熊野大社へ。
ナビに入れるとなぜか「盗難多発地帯です」と不穏なお知らせ。
一応心に留め、のどかな道を進みます。こちらにも須佐之男命が祀られています。
c0197663_0335691.jpg

c0197663_034291.jpg

熊野大社かっこいいです。
ここも注連縄が逆です。時間をかけて参拝しました。

車に戻り、袖師窯へ。神社と窯元。いい気分転換です。どこも展示場はやはりワクワクします。(全然詳しくないですけどネ)
c0197663_0543552.jpg


さて、次はマスターの知り合いのお店をのぞいてみようと松江駅周辺へ向かいました。
そのお店、草花さんは残念ながらまだ営業開始前、そこで間接的にお世話になっている、artos Book Storeさんを探してさまようことに。
こっちの方かなぁと川沿いを歩いていたら、objectsという素敵なお店があったのでのぞくと「森山窯展」を開催中。森山窯は時間の都合で訪れるのをあきらめていた窯だったので、なんとラッキー。
しばし店内をウロウロ。
ちょうどお昼時でお腹がペコペコだったので、お店の方に聞いて教えていただいたお店に行く事にしました。帰りにいただいたショップカードを見て検索するとオンラインショップも素敵やー。ご親切に地図をプリントアウトしてくださって、おかげでおいしいお昼ご飯をいただけました。ありがとうございました。
うなぎやくも
c0197663_1115651.jpg

入り口の取っ手に「う」
c0197663_1123858.jpg


お腹も満たされ再びアルトスさんを探して歩きます。
あったどー。
c0197663_1182982.jpg

こういう本屋さん近所にあったらいいのにな。
Coffee & Music Drip for Smileも置いてくださっていましたよ!
お店の西村さんとマスター。ってかマスター、なんだかちっさ。
c0197663_123948.jpg

とても素敵なご夫婦で、いつまでも話し込んでしまいそうでした。
鎌倉にいらしたらぜひディモンシュへお立ち寄りくださいね!

アルトスさんを後にし、駐車場から何気に結構な距離歩いてきた事に気付き、てくてく戻ります。
車移動してくれば良かったねーといいつつ、caffe vitaへ。有名な門脇兄弟の弟さんの門脇裕二さんのカフェです。
c0197663_136443.jpg

2日振りに美味しいコーヒー飲みましたー。
駐車場にポルシェが停まっていて、店内にいた男性で「脱税のすすめ」というストレートなタイトルの本を読んでいる人がいたので、これ絶対この人のポルシェだろうと思っていたら違いました。失礼しましたテヘ。

裕二さんはいらっしゃらなかったので、お兄さんの門脇洋之さんのお店ロッソへ向かいます。
え、ここに!というような所に突然現れるロッソ。
c0197663_143116.jpg

川沿いでロケーションが素晴らしいです〜。
c0197663_145236.jpg

ちょうどお客さんが途切れ、門脇さんと奥様と一緒に2時間も話し込んでしまいました。
c0197663_1454280.jpg

ずっと門脇さんのお店に来てみたかったので、今回訪れることが出来て良かったです!
2009年にディモンシュで行われたコーヒートークセッションが懐かしいです。
ディモスタッフも飲みたいだろうなー。門脇さんのカプチーノ。
c0197663_1542299.jpg

話しが尽きなかったので、いつかまたゆっくりお話しがしたいです。
みんな悩みながら進んでいるんですよね。
力になりました。

そして本日最後の目的地、蒜山へ向います!
by cvdois | 2013-07-05 23:45 | トラベル

夏休みヽ(*^∇^*)ノ その4

蒜山へ向かったのは、そうです、ディモンシュ元スタッフの高谷さん夫婦のお宅へお邪魔させていただくのですー♡。
会えるのを楽しみにしていました!
高谷夫妻は蒜山で農業をしています。
お宅の近くまでご主人の裕治さんが迎えに来てくれました。日に焼けて精悍だー。
しかしここはもうなんかすごい所です。緑の中に小さな村落が埋もれています。
「なんかすごい覚悟だよね」とマスター。本当に私もそう思いました。
高谷家に到着。すぐに高谷家の愛犬「つぶ」が、誰か来たあるなとパトロールにきました。
相変わらず高谷さんは美しかった&つぶはかわいかった。 
つぶ警戒して近付いては飛び跳ねて離れるを繰り返していました笑。まだ1歳くらいなので、やんちゃ盛り。天真爛漫です♡
裕治さん、つぶ、高谷さんの家族。
c0197663_22251843.jpg

旅先でこうしてお邪魔できる友人がいて、心づくしのご飯を用意してくれていて、幸せだな。
蒜山工藝の仲間の桑原さんも来てくださって、みんなで食べるご飯おいしかった!
高谷夫妻は古代日本について詳しくて、いろいろな所を巡っています。
全巻揃っている裕治さんの宗像教授。私も買おうっと。
c0197663_232036.jpg

古代や神社、農業のこと、蒜山での暮らしのことなどを聞きながら夜は更けていきます。
その間もつぶはマスターの腕をぺろぺろ。汗かいたから塩味じゃろ。
c0197663_2318893.jpg

ミサワと一緒で「何かいただけないかしら」と私の足下に伏せでスタンバイするつぶ。
c0197663_2322384.jpg

つぶのことなでなでしていたら、ミサワに会いたくなりました。

車の音も何もしなくて、ヘニングのピアノだけが静かに流れる夜。
またここに来たいな。
c0197663_23395396.jpg

高谷さん裕治さん、ありがとうございました。
幸せな夜でした。また会おうね!
by cvdois | 2013-07-05 23:40 | トラベル

エスキーナを後に

1時過ぎまでエスキーナでいろいろ話しをした後、マスターはこちらへ打ち合わせに。
c0197663_23253822.jpg

私は小学校からの友達と会うためにこちらへ。
c0197663_2326996.jpg

その後福田利之さんの原画展をやっているカフェで待ち合わせをしてリムジンバスへダッシュ。
バスの中からみた夕焼け。ばいばーい。
c0197663_23341712.jpg

空港で搭乗前にたこ焼きとイカ焼き食べて
c0197663_23351752.jpg

嵐(ジャニーズ)の飛行機で帰途に着きました。

駆け足┏|*´・Д・|┛だったけど楽しい日帰り旅行でした!
by cvdois | 2013-03-03 23:40 | トラベル

行ってきたどーヽ(^ω^)ノ

また定休日にやってしまいました。
今回は兵庫大阪日帰り弾丸ツアー。
前夜はスタッフが我が家に来ての焙煎。
そして翌朝は4時半起きΣ(ω |||) し、死む〜。
5時半には羽田へ向け出発でがす。
朝焼け〜。きれいで目が覚めてきました。
c0197663_239189.jpg

途中の工業地帯。朝から煙もうもうでがす。
c0197663_2312411.jpg

マイルがたまっていたので今回は飛行機で。
離陸の時は毎回血が逆流するような興奮を覚えます。ウォォオ。
途中の山々。ここはどこあたりなんだろう。とマスターを見るも斜めになって爆睡中。
c0197663_23173937.jpg

あっと言う間に伊丹空港に着きやした。
バスに乗り〜の電車を乗り継ぎ〜ので、着いた!
c0197663_2321237.jpg

ここからは近いはず。とちらしを片手にてくてく。いいお天気で良かったー。あ!あったでがす!
c0197663_23215876.jpg

そうですここはディモンシュ元スタッフ高井くん夫婦の
c0197663_2322153.jpg

エスキーナ\(^o^)/ひゃっほう〜着いた〜。

着いたところで続きはまた明日!
今日はここまでで限界でふ。力尽きましたすいません!おやすみなさい〜(ーдー) zzz
by cvdois | 2013-03-01 23:40 | トラベル

弾丸ツアー続き

おはようございます。気付いたら朝でした。
エスキーナに着いたところから続きです。

お!やってるやってる♪と、扉を開けると満面の笑みを浮かべた高井君が。厨房から奥さんの和ちゃんもニコニコ出て来てくれました。2人とも元気そうで良かった良かった!

ちょうど水曜に高井君からお豆の注文をいただいていたので、焙煎したての豆を手持ち納品。
まずは全然厳かじゃない、ゆるいおじさんの納品の儀。
c0197663_10544664.jpg

いい笑顔じゃ。っていうか高井君貫禄が増してる…笑

着いたのが10時過ぎだったので、ちょうど朝営業と昼営業の境目でした。
朝営業は例えば目玉焼きとか、えーと、グッドなモーニングにナイスなチョイスが出来るようになっていました!

ところで、中が見たい方もたくさんいらっしゃると思って、私許可をいただき、他のお客さんの邪魔にならないよーにパシャパシャ写真を撮ってまいりましたyo。

まずは入ってすぐの真正面右側。茶人さんにお願いしたディモンシュからのお祝いのお花も飾っていてくれました♥
c0197663_1113620.jpg

上着はこちらへどうぞ〜と言われ、見ると入り口のそばにハンガーラック。上着かさ張りますもんね。微妙なタイルの配色がかわいー♡
c0197663_11183085.jpg

そこから左へ伸びるカウンター。
c0197663_11134668.jpg

正面カウンター奥の棚。あら、素敵なミルが見えますね。
c0197663_11173016.jpg

店内の中央には大きなテーブル。&椅子。
c0197663_11215533.jpg

c0197663_1122532.jpg

これは鎌倉にあったinu it furnitureさん制作だそうで、もー見るからに質のよい丁寧な仕事のされた素晴らしい家具。テーブルの下にはかばんが下げられるようにフックもついていましたし、椅子の微妙な湾曲がお尻に気持ちいい。高井くん奮発したなー。ディモンシュにも以前は大テーブルおいていましたが、知らない人同士が大きなテーブルシェアするのって、やっぱり良いですね。

と、ここまでで仕事に行ってきます。続きは夜に。土曜日の今日もいいお天気!ディモンシュでお待ちしております!
by cvdois | 2013-03-01 22:30 | トラベル

弾丸ツアー続きの続き

今日もご来店ありがとうございました!家に帰り、ご飯食べながら『はらちゃん』見て、さて、続きです。

大テーブルの写真の奥に写っているカウンター内のストック棚。
c0197663_23174935.jpg

そして窓側。植物がたくさん置いてありますが、何か展示するときにも便利そう。
c0197663_23202780.jpg


新品な物と古いものがミックスされていて素敵なインテリアです!

なんて写真撮っている合間に朝ご飯。もーお腹ペコペコだったので、お昼の準備が整うまで、スコーンとカプチーノをいただきました。スコーンうまー♥
久々の高井君のカプチーノ。まきお、さかちゃん、やっぱり高井君のおいしいよ!美しいし!
c0197663_232247100.jpg

スコーンはおいしくて持って帰ろうと買い占めてしまったのに写真がない…。

マスターとスコーン食べながらいろいろ話していると、どんどんお客さんが入ってきます。
大人気やーん。あっと言う間に満席です。
外の写真撮ろうと思って出たら、お客さん達のママチャリが連なってとまっています。
c0197663_23273423.jpg

みなさん、エスキーナ、早くも地域に根ざしてざますよ!
いやしかし強烈なお化粧の人とかいて、大テーブルおもしろす。というか電車でも観察すると女性のアイメークがみんな相当しっかり。

マスターはなんとお客さんの中に2組も知り合いが!
なんでここにいるんですか!?と聞かれていました(笑)

上の方にあげた写真にあるショーケースの中に前菜やらメインやらが並んでいて、好きなものを選びます。私達の横にいた男性はパテとシュワシュワで1000円くらいで帰っていきましたけど、お昼からそんな楽しみ方が出来るっていいですよね!

で、お昼はこれにしました。マスターはローストポーク。どーん!
c0197663_23355115.jpg

私は仔羊とナスのグラタン。どーん!
c0197663_23362077.jpg

あ、忘れてた、その前に前菜盛り合わせ。どーん!
c0197663_23365632.jpg

そして大阪で作られているジンジャエールと白桃のジュース。
c0197663_23382317.jpg

でもって、お皿の下に敷くこの紙、なんていうんでしたっけ。これまでかわいいんですよ。
c0197663_23471725.jpg

しかし和ちゃんの料理が素晴らしい♥
美味しいのはもちろんですが、チマチマしていなくてどーんっていうの、かっこいいし洗練されてて、これ作ってるの女性と思うと興奮しました(*゚∀゚)=3 変な趣味じゃないですよ笑。
料理もデザートもこんなに作るの大変でしょう?って聞いたら、今までずっとやってきたことなのでニコって。高井君はホントいい奥さんもらったなぁ。

最強のタッグチーム。
c0197663_23445991.jpg


食後にはラテとマスターはレモンのエスプレッソ、ミルフィーユ&プリン。
c0197663_072586.jpg

c0197663_073281.jpg

デザートまで全部おいしくいただきました♥
高井君のラテ美味しかった。マスターもどんどん進化しているけど、高井君もどんどん進化していて、刺激をもらいました。

エスキーナは高井君夫婦が今まで見て経験して吸収して培ってきたものが詰め込まれた、本当にいいお店でした。足をのばしてぜひ行ってみてくださいね!

で、最後に店内から見た扉のステンドグラス。七里ケ浜あたりから見た江ノ島ですよ!和ちゃんのお母様作だそう。
c0197663_024362.jpg

これを表から見ると材木座海岸あたりからみた逗子になります!
毎日鎌倉を思い出しますね。鎌倉サウダージ。

エスキーナ
Open7:15〜18:00
Close Wednesday
〒662-0074 兵庫県西宮市石刎町7-7
Tel 0798-56-7178 / Fax 0798-56-7179
by cvdois | 2013-03-01 22:10 | トラベル

お休み中その4

札幌2日目。
いいお天気です。
c0197663_23444939.jpg

ホテルの朝食は付けなかったので、キリ君に教えてもらった8時からやっている『さえら』で朝ご飯を食べることにしました。
さえらのサンドイッチ(゚Д゚)!! うまーい!!うまいうまいうまーーい!
c0197663_23505079.jpg

これはフルーツサンドとエビかつサンドのセット。エビかつ揚げたて。
私達が行った時は2組しかお客さんいなかったのが、あっと言う間に満席になっていました。しかもサンドイッチのイメージからは想像できない満腹感が得られます。
近くにあったらご飯党の私も週3で通うかもしんまい…。
朝から大満足であります。

その後は先日ライブをしてくださったKONCOSさんのブログで読んで行ったことのなかったサンローゼすすきの店へ。
足を一歩踏み入れただけでマスターと「あぁこれはいいね〜」落ち着く店内。かなり大きなお店です。
テーブルの上には100円入れる占いのやつが。昨晩糸のママも大好きな場所だとおっしゃっていました。
c0197663_073398.jpg

客層もイメージ通り。ちょっと面白い人がたくさんいました。トイレには着替えられるコーナーもありましたよ。
メニューを見ると飲み物デザートなどのくくりの最後に中華のくくりが。サンローゼ風みそラーメンとかありました。…ディモンシュ風ラーメン…。いいかも。隣のおばあちゃんが普通にラーメン食べている。しかもラーメンセットってコーヒーのセット。あぁ気になる。ラーメン食べたい。しかしスープカレーを食べないと。

というわけで、有名なスープカレーのお店ピカンティへ。まだサンドイッチ食べて間もないけど、このタイミングでしかもう食べられないので、食べます。ピカンティ♡
c0197663_0251756.jpg

ちょっと前に一風堂で替え玉してしまって、もう一歩も動けなくなったのと同じくらいに、もう鼻で息ができないくらい満腹になってしまいました。横になりたいです。

しかし外に出ると寒過ぎてすぐさまシャキーン。うー寒さの質が違います。

午後はマスターがゆっくりお話し伺ってみたかった工房 横井珈琲へ。
c0197663_0473630.jpg

スペシャルティコーヒー専門店で、横井さんは産地にも度々足を運んでいらっしゃいます。
有名な方なので、スペシャルティコーヒーに興味がある方ならご存知の方も多いと思います。
私達遠い方の駅で降りてしまって、雪の中をかなり歩きました。
おかげでだいぶお腹が消化されました(笑)

取材の準備中のマスター。
c0197663_050457.jpg


横井さんのルーツを伺っていると、70年代の札幌の自家焙煎の話しになり、伝説の喫茶店『可否茶館』の話しや、そこにいた斉藤さんのお話し、斉藤さんは札幌の自家焙煎のパイオニアで、当時斉藤さんに自分の話しをたくさん聞いてもらったように、自分もこれからの若い人達に斉藤さんがしてくれたようにしたいとおっしゃっていたのと、スペシャルティの黎明期、丸山さんについてのお話し、これからの目指す方向などのお話しが印象的でした。時代を経てきている方のお話しは本当に面白いですね。
コーヒーに合うおいしいパンとカステラをいただきながら、だいぶ長居させていただきました。
c0197663_1132972.jpg


横井さんとマスター。いいお顔されていらっしゃいます〜。
c0197663_103141.jpg

カウンターに飾られていた横井さん人形!バリスタの方が作ってくださったそうです。
c0197663_1214645.jpg


横井さんがどのように現在に至ったのかは、マスターがカフェスイーツに書きますので、そちらをどうぞ読んでくださいネ。

楽しい札幌滞在あっと言う間でした。
大充実の2日間。

空港に向かう前に札幌駅にキリ君とはなちゃん夫婦が来てくれました。優しくて涙。
c0197663_1233459.jpg

また来年これるといいな。
by cvdois | 2012-12-22 01:28 | トラベル

お休み中その3

3日目は札幌へ。
札幌に着いて目に入ったのは昼間なのに−4℃の表示…。ささ寒いぃぃ。しかもこの時期にしては珍しいどか雪だそうで、一面銀世界!

空港に着いて時計を見るとギリギリ間に合いそうだったので、友達おすすめの裏参道牛肉店のランチへ。
c0197663_21435815.jpg

いろんな部位のローストビーフランチ♡結構あっさりしているのにお肉の味はしっかりして、ぺろりといただいちゃいました。黒い皿に赤い肉って映えますねー。
c0197663_2144161.jpg

途中でタクシーからパチり。テレビ塔がライトアップされていてきれいでした。
c0197663_22185169.jpg

道を歩いているだけでもう足の指がカティンコティンです。
雪も降ってきて風も強くなってきて「シベリアの強制労働ってこれ以上の寒さの中もっと薄着で過酷な労働してたんだよねかわいそう過ぎるよね」と全く楽しい旅と関係のないことをマスターと話しつつ目的のお店へテクテク。ツルツル。
c0197663_21545275.jpg

マスターのアドバイスで長靴で行ったら誰も長靴はいていなかったあるよ…長靴足超冷たいある。普通にムートン的なブーツで行かせて欲しかったある…。

そして着きましたお久し振りのFABcafe!
c0197663_2214729.jpg

変わらない場所に変わらないお店。ほっとします。マスターは変わらないであり続ける事の重要さを熱く語っていました。倉谷さんご夫婦にもお会いできて嬉しかった!
私はディモンシュスタッフみんなと喫茶店研修旅行で来て以来。奥様の弥生さんのお店、2階の11月もとっても素敵でした。ゆっくりお話しも出来て、一旦ホテルへチェックイン。

夜景きれいです〜。
c0197663_22204319.jpg


体が芯から冷えたので、お風呂であったまり、斉藤さんご夫婦との待ち合わせ場所へ。
活気のある大人気の海鮮居酒屋さんと、もっすごいおいしいお寿司屋さんへ連れていっていただきました。
真剣なお話しの最中。
c0197663_22231372.jpg


斉藤さんのお話しは深かったです。マスターが何を聞いても答えは明快。30年のキャリアがあってのお話しなので、到達している境地が違いますよね。前回の連休はシアトルで刺激を今回は札幌で斉藤さんから刺激をいただきました。もっとたくさんお話し聞いていたかった。斉藤さんは偉大な人です。

余談ですが、奥様すごい美人なんですよ。お二人で現れた時の素敵さったらもぅ♡。
斉藤さんお体お大事に、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

その後はFABcafe倉谷さんとコンボサでお世話になった切通君(通称キリ君)が待つ、お二人が仲良しのママがやっているスナック糸へ。マスターもコンボサの度にママとは顔を合わせていたそうで「お久しぶりです〜」って言ってましたよ。私はコンボサの度に留守番で店番なので、参加出来たことがないんです。゚(。ノωヽ。)゚。シクシク。
c0197663_22474746.jpg

倉谷さんとキリ君の爆笑のお話しに時折入るママのオモロ話し。もぅずーっと笑いぱなしでした。
マスター 倉谷さん ママ
c0197663_2324179.jpg

ママはなんと私達の大好きなプロレス団体DDTに参戦したことがあるそうです。やっぱりすごいなー!小さいお店なので、予約をした方がいいそうですよ。

キリ君、倉谷さんディープな夜をありがとうございました!糸、また伺いたいです。
by cvdois | 2012-12-21 23:30 | トラベル


鎌倉にあるcafe vivement dimanche公式ブログ


by cafe vivement dimanche

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ディモンシュ
dois
claro
dimanche webshop
マスター
イベント
FM
トラベル
コーヒー
みさわ
ブラジル音楽
プロレス
日々のこと
鎌倉

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

リンク

twitter

ライフログ

Coffee & Novos Compositores selected by Dani Gurgel -Café Vivement Dimanche the 20th anniversary-

鎌倉のカフェから- café vivement dimanche 20th Anniversary -

鎌倉のカフェから

Coffee & Music –Drip for Smile-

COFFEE & MUSIC

過ぎ去りし日の・・・

バラとひまわり(A Rosa e o Girassol )

鎌倉のカフェで君を笑顔にするのが僕の仕事

コーヒーを楽しむ。

はじめてのコーヒー

珈琲と雑貨と音楽と―鎌倉のカフェから“好き”をかたちに

ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズの真実 (P‐Vine BOOKs)

domingo―music for sunday lovers

dimanche―日曜のコーヒー的なシアワセ。

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧