ニューオリンズ7

狂ったように更新しています。
この定休日を逃したらもうこのままGWに突入でまたしばらくブログ放置になってしまいそうなのでがんばっています。

さていよいよ旅の最大の目的レッスルマニア34の当日。
今朝も下のスタンプタウンから始まります〜。
c0197663_21284288.jpg
この兄さんが作るカプチーノが一番おいしかった。泡が液体にきれいに混ざっていて最後までミルキーで、うちでもこのレベルにしたいとマスターつぶやく…。

c0197663_21285194.jpg
床のキリムいい味ですねー。

この日も早くは起きられず。友達とブランチへ。マスターがタクシーで通りがかったときにおしゃれな店が多かったという通りへ行ってみることに。

途中のインテリアショップの外のディスプレイすてきんぐ。大きな銅の鉢にグリーン。

c0197663_21344286.jpg
そういえば友達が言っていたのですが、カリフォルニアはものすごくアジア人が多いそうで、それにくらべここは全くアジア人がいないそうなんです。確かに全然アジア系がいないです。だからかカフェでもマスターすぐ顔覚えられていました。「おまえはプアオーバーだろ」って。

マスター気になっていた通り、大正解^^。
ここも待ちがかなりいましたが、回転も早そうなので待つ事に。
c0197663_22025609.jpg
パンも美味しそうでした。
c0197663_21370175.jpg
これは私の頼んだグリッツ。上にハッシュドビーフ的なお肉の煮込みがかかっています。
c0197663_21370768.jpg
友達が頼んだ上にトフィーのソースがかかっためちゃくちゃ甘いシナモントーストみたいなの。
美味しかったけどとにかく甘い。これ食べたら私のグリッツ食べないと。
c0197663_21371347.jpg
アルミのトレイかわいいですね。
マスターは何食べてたかなー。今思い出せない〜。

さてさて、ご飯食べたあとにはスーパーにいくことに。この日のレッスルマニアも終わりが24時くらいらしいので、そうするとお腹すいてももうお店ほとんどやっていないので、ご飯食べられーず。でスーパーでお惣菜とかを買っておくことに。好きなお惣菜をパックに詰めて10ドルくらいだったかと、サラダにジュースやチーズとか。その場でお惣菜をちょっと食べてる人がいてびっくりしてたら、アメリカでは勝手に味見していいそう。へ〜へ〜へ〜。

アメリカのスーパー、オレジューとか充実し過ぎじゃないですか笑

c0197663_22291733.jpg

食料確保して一旦友達と別れ私達はレッスルコンへ。今日は飯伏ケニーの写真会があるのれすうほーっ!

ざかざん!長谷川さんと一緒に並びました^^。
撮影会予約して無事ゴールデンラヴァーズと写真撮れました〜!!!
カメハメハポーズ!嬉しいー!!!


c0197663_22045273.jpg
ケニーが異常に疲れていて、顔もむくんでいてかわいそうでした。昨晩の試合もちょっといつもよりきれが悪かった印象だったので疲労が蓄積しているのかもしれませんね。休息取れているといいのですが。飯伏っさんは元気そうで良かった〜。

無事写真も撮れてうきうきの我ら。ホテルへ戻りいざ夢の祭典へ!


レッスルマニアの会場はホテルから徒歩で15分もかからない場所です。
歩いてるとこんな人達がわんさか!
c0197663_22105887.jpg
こうやってベルトをみんな持ち歩くんですよ。面白いですよね〜。なんかこれが当たり前に思えてきました笑。前日にベルトを購入した友達が肩からベルトをこのように下げて歩いてみたら、むこうから同じくベルト肩から下げた男の子とすれ違いお互い照れ笑い。最高です笑。

会場にはほとんど手荷物持ち込めません。持ち込む際は中が分かる透明なバッグに入れなければなりません。透明バッグは5ドルくらいで売られているみたい。カメラも携帯くらいで、一眼レフとかは取り上げられてしまいます。液体もだめなので水とかも持ち込めません。私達も手ぶらで。なぜかチャンピオンベルトはオッケーみたいで笑(金属探知機で検査されていましたが)。

後ろから友達が私達を撮ってくれましたよ〜。

c0197663_22110394.jpg
私達はいつものように大会のパンフを購入しましたが、こっちの人はほとんどパンフ買いませんね。それも文化の違いですね。パンフにお金かけるならTシャツやグッズみたいです。

このドーム超巨大でエリア分けからして未知。自分の席について全景が分かると規模にびびりました。
うわーとうとうきたな〜。語彙が少ないからふたりして「やばーい」ばかりを連発。
c0197663_22111229.jpg
座席に座る私達を後ろから撮ってもらいました。かなり急な斜面。ってか座席がアメリカ人のぽっちゃりさんを想定してもっとどこもここも広くすればいいのにと思うのですが、誰基準で作られているのでしょうねぇ。うちらは大丈夫だけど狭いです。
c0197663_22111978.jpg
この広さやばーい。
友達の席はビジョンの裏が見える席だそうで、だいぶ遠くでした。隣に座って解説したかったー。
ジャンバラヤが美味しいから食べなとメールがきて私達も。
c0197663_22112586.jpg
ほんとめっちゃうまい♡ ソーセージももりもり乗ってて、この後周りの人達もみんな食べていましたよ。

いわゆる前座のバトルロイヤル。 拡大するとフィギアみたいです。
c0197663_22113087.jpg
そして本編が始まるとき、暗転していた会場がいっきに照明に照らされて。

c0197663_22113578.jpg
あまりのすごさに言葉を失いました。これはもうそこでしか感じることのできないものでした。77000人の観客の声が映像が照明がもうすべてのレベルが違う。知らない世界見ました。はーーーーー。

中邑選手もアスカ選手も負けてしまいましたが、この舞台に立てるなんて選ばれし人間です。

中邑選手入場。応援しにいった日本人はみんな涙ちょちょ切れたんじゃないですかね。
私達泣きましたよ…だってもうすごすぎ。
c0197663_22413018.jpg
c0197663_22414170.jpg
この人の多さ。ビジョンにはAJと真輔です。負けてまさかのヒールターン。びっくりしました。けどこれからがまた楽しみです!!

試合結果に興味のある方はこちらが面白いのでどうぞ^^。

以下感想など。さすがに最大の大会だけあって、選手達の入場も凝っています。大型のバイクでどどどと入ってきたり。印象的だったのはニューデーの入場。ミゼット(小人)の人達が大勢行進してきました。グレイテストショーマンの影響でしょうか。私は何かポジティブなメッセージを感じました。賛否両論あるでしょうね。
試合はどれもそれぞれに面白かったです。アンダーテイカーも見られて嬉しい。ストローマンの試合も笑ったー。
かけ声(チャント)は、例えばつまらない試合とかそんなことには興味がないよみたいな時に観客はその場面に関係のないかけ声をしてそれをアピールするのですが、今一番はやりなチャントが「ルセフディ」なのか、何かっていうとみんなルセフデイを連発していました。一番聞いたかもしれないルセフデイ。Tシャツ着てる人も多かったです。ルセフ大人気。

それからたるい場面だと歌をうたい出します。「ナナナ〜ナ〜、ナナナ〜ナ〜、ヘイヘーイ、グッバ〜イ」ってやつです。マスター選曲のミュージックダイアリー4月にも入ってます。あとビーチボールがどこからともなく出てくるんですよ。つまらないと観客がビーチボールで遊びだすんです。日本で見てるとそんなの全く映らないですから、なんか知らないことだらけでした。係員がビーチボール取り上げると「アー☆ホール」とかみんなで言うんですよ。面白かったな〜。

あとどうでもいいことなんですけど、アメリカ人がうかつすぎて、席を間違えて座ってる人の多いこと。私達初めての巨大会場なのに間違えず座っているのに、後ろの人達なんて一列まるまるで席間違ってんですよ。間違えて座っていて10段くらい下の席へ移動している人もいたし笑 で、席の確認を離れたところから大声でするんですよ。「ちみそこなんばーん?」「ここはなんばんだよー」みたいに。面白かったー。

グッズ売り場はやはり大混雑で事前に買っておいてよかったです!

はー。夢のような体験でした。思い切ってきて本当に良かったです。

by cvdois | 2018-04-18 23:24 | イベント


鎌倉にあるcafe vivement dimanche公式ブログ


by cafe vivement dimanche

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ディモンシュ
dois
claro
dimanche webshop
マスター
イベント
FM
トラベル
コーヒー
みさわ
ブラジル音楽
プロレス
日々のこと
鎌倉

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

リンク

twitter

ライフログ

Coffee & Novos Compositores selected by Dani Gurgel -Café Vivement Dimanche the 20th anniversary-

鎌倉のカフェから- café vivement dimanche 20th Anniversary -

鎌倉のカフェから

Coffee & Music –Drip for Smile-

COFFEE & MUSIC

過ぎ去りし日の・・・

バラとひまわり(A Rosa e o Girassol )

鎌倉のカフェで君を笑顔にするのが僕の仕事

コーヒーを楽しむ。

はじめてのコーヒー

珈琲と雑貨と音楽と―鎌倉のカフェから“好き”をかたちに

ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズの真実 (P‐Vine BOOKs)

domingo―music for sunday lovers

dimanche―日曜のコーヒー的なシアワセ。

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧